白髪染め基礎知識掲示板

白髪染め基礎知識掲示板へアクセス感謝します!本当の白髪染めの選び方をご覧下さいませ!これだけわかっておけば、良くはない白髪染めをゲットして悔しい思いをする恐れはないに違いありません。 - 白髪染めで髪を痛めてしまう理由とは

白髪染めで髪を痛めてしまう理由とは

今だとすっかり自宅で白髪染めも当たり前になりました。安い値段でできますし、方法によっては短時間で終わります。またシャンプータイプの白髪染めだと普段のシャンプーのようにするので、白髪染めの時間をわざわざ作らなくてもいいのです。すっかり白髪染めは、身近になりました。

しかし、白髪染めをしたら髪が

しかし、白髪染めをしたら、髪がパサつく、痛んでしまうなんて人もたくさんいます。髪がぬけやすくなったなんて人もいます。白髪染めは、身近になったとはいえ髪にダメージを与えてしまうものです。白髪を染めていくうちに髪がよわまってきたら、本当は本末転倒のような気もしてしまいます。

白髪染めの仕組みと髪が痛む関係

白髪染めの仕組みとしては、よく白髪染めに入っている液体を知ることです。よく、1液、2液とあります。これはアルカリ剤と染毛剤、過酸化水素となっています。アルカリ剤で髪のキューティクルに穴をあけ、そこから染色剤と過酸化水素が入ることで白髪が染まっていくのです。結局キューティクルを破壊してしまうのです。そのために髪が痛むことになってしまいます。また毛根にも薬剤は浸透するので毛根にも影響を及ぼしてしまうのです。
これにより、毛根から痛んでしまうことにもなり髪は痛むのです。

髪が痛めずに白髪染めできるのか

髪を痛めずに白髪染めをするには、ヘナなど植物成分のものやヘアマニキュアなどによる方法となります。これだと時間がかかったり、部分的な対応しかできません。

最後に

髪を痛めてしまうのも、やむを得ないのが白髪染めです。白髪染めの後は添付されているトリートメントを使ったり、また染める回数を減らす、放置時間も短くするなど工夫してみましょう。

Copyright(C)2016 www.vaecorp.com All Rights Reserved.